K.C.G 開発部ログ

同人ゲーム一人サークル「KamisaCompanyGames」の開発ブログです。途中経過や自分の出来事が書けたらいいな。

人生10台目のバイク


ご無沙汰していますもす。

本日契約してきました、タイトルの通り人生10台目となったバイク・・・
まだバイク歴5年も経っていなかったような気がしますが、気にしない。

そもそもそんなに乗っていたのかお前!!って感じですよね~~。
自分で書いててもそう思いまつ。

VT250F2F
スーパーカブ50
CBR250RR
RG125ガンマ(NF13A)
VFR400R(NC30)
NS-1
Let's 4 <-親の
NSR250R(MC21)
VTR250

これまでの車歴です。
この中で記事にしたのはVFR400Rくらい・・・?

基本的にレプリカ世代のフルカウルです。大好きなもので・・・

なぜ今回いきなり記事にしたかというと、
しばらくメインのバイクは変更しないでおこうと思いまして。
数年間はこの次のバイクに乗り続ける意思であります。

・・・半年ごとに乗り換える自分が異常な気もしまつが。



んでんでんでんで。

次は何買った?といいますと、

ガルアームでタコメーター2万1000回転まで刻まれているあいつです。
250ccのくせにF1の技術であるカムギアトレーンを搭載し 45ps/15,000rpm を叩きだしているアイツです。


CBR250RR
bike_961_2.jpg
(買ったショップの画像引っ張ってきました)



ああ^~かっこいいんじゃあ~

もういちどCBR。こんにちわCBR。納車日は5/22でつ。走行49,000km
車歴3台目のCBR250RRとカラーも同じです。
・・・実は未練タラタラでしたの。

といいますのも、最初に買った250RRは、ボロボロ38,000kmのを友達から10万で買いまして、
その後しばらく乗ったあと(1000~2000k位?)バイト&バイクの先輩へ同じ値段でそのままお渡ししまして。
乗りたくなったら借りて乗ろうと。

思っていたら、なんとごみくずうんち窃盗団に盗まれてしまったようで(;ω;)
ここで私の借りて乗る夢は崩壊いたしました。


でも、先輩への引き渡し当時はそこまで気に入っていたかというと、そうでもなく・・・
しかもバイク乗りたての初心者で何もわかっておらず。

4気筒?2万回るエンジン?バイクでは普通でないの?
ガルアーム?曲がってるスイングアームの意味とは・・・?
極太アルミフレーム?なんだかめっちゃ重そう・・・
カムギア?チェーンとそこまでコスト変わるのん?
俺のスーパークォーターと5年しか変わらんやん!そこまで変わらんでしょ! <- VT250Fとの比較

と、なぜかVT250Fでこのバイクに負けたくないがためにとにかくネガな評価を頑張って行ってました。

はよ気づけ。

CBR250RRに勝っている部分がほぼ無いことを(;ω;)

実際勝っていた部分は無かったかもしれませぬ・・・
全域でのトルク、加速、最高速、ブレーキ、コーナリング、積載量・・・
あ、燃費年季だけは勝ってた・・・



まぁ~、でもいろいろ乗って分かったわけですよ。
CBR250RRが自分に合ってた。うん。

ミュンミュン音大好き、特に3000~4000rpm位
燃費いい
どこでも容赦なく回せるエンジンと十分な加速
めっちゃ曲がる
5Lの積載
ものすごいコストが掛かっているという所有欲

よく考えたら、レプリカにハマったのもCBRのせいかも・・・
無意識の内にCBR250RRの代わりを探してた可能性はなくもない・・・?

でも、NSR250Rに乗って思ったのは、
CBRって車体に関しては少しばかりコストカットされている?

NSRのプレスリリース
http://www.honda.co.jp/news/1990/2900119.html

CBRのプレスリリース
http://www.honda.co.jp/news/1990/2900312.html

というのも、

NSRより車重が重いのに2ポットのダブルディスク、37φのフォーク(NSRは別体マスターに4ポット、41φ)
プラスチック製のヒールガード
目の字断面でないフレーム(その代わりおおきく湾曲している)
428サイズのチェーン

こんな感じで、その他自分が知らない部分もあるかも?

でも、販売価格はNSRが 609,000円 で、CBRが 599,000円 というのも。
この1万円の差の中に、NSR250Rが250ccの頂点だと言わんばかりの、当時のホンダのコダワリを感じます。

もしここで本当の本気でCBRを作っていたとしたならば、更に10万円は上乗せされていたでしょうから・・・
CBRの精密時計のようなエンジンにコストが掛かり過ぎた為故に、
NSRの名誉のためにも車体のコストカットをせざるを得なかったのかな?と自分は考えております。

でも、もし本当に車体のコストカット目的で安価なパーツを選んでいたとすれば、
逆にそれは値段以上のエンジンを積んだ、とても贅沢なバイクだと思います。

エンジンとフレームは変えれませんが、それ以外のパーツは変えてしまえばおしまい。ですしね。



そして最後に。
プレスリリースを読んでいて気づいたことがあります。


本田技研工業(株)は、250ccクラスで唯一のカムギア・トレーン(カムシャフトを歯車で駆動する方式)機構採用の精密な水冷・4サイクル・DOHC・直列4気筒エンジンを搭載し、高性能でありながら扱い易い先進のスーパースポーツバイクとして好評の「ホンダCBR250R」をフルモデルチェンジし、「ホンダCBR250RR(ダブルアール)」として3月19日より発売する。


・・・おまい、わいと誕生日一緒なのかよ。運命じゃの。
スポンサーサイト
  1. 2015/05/06(水) 00:09:07|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kamisaka

Author:kamisaka
かみさかです。楽しいゲームを作って多くの人に遊んでもらいたい!
ホームページはこちら

Scatter -The road to GOD-
っていう音ゲー風シューティング
作ってもす。
ダウンロードする!?


箱庭娘っていう某ンバーマン風ゲーム
作ってもす。
ダウンロードする!?


pixiv:3478881
***管理人かみさかについて***

ゲーム作ったりお絵かきしたりするおっさん。
最近ゲーム音楽も作ってみたいと思っている。

twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ゲーム開発 (27)
未分類 (2)
HP (1)
イラスト (27)
生活 (14)
ポップン (21)
自転車 (7)
弐寺 (2)
NC30 (3)
バイク (3)
KCGコントローラー (12)
ピアノ (1)
Scatter -The road to GOD- (6)

カウンタ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム